TOOTH DECAY
虫歯治療

虫歯(むし歯)とは

虫歯

虫歯(う蝕)の原因菌の1つ、ミュータンス菌が歯に取り付くと、コロニーを形成します。そして食べ物を食べると菌は、糖分を分解して酸を作るのです。この酸によって歯が溶かされていきます。
さらに歯が脱灰し、それが進行し続けると歯が崩壊します。これが虫歯(う蝕)です。
最終的に神経に到達すると、激烈な痛みを伴うのです。

虫歯は、自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。そのため、むし歯病原菌に侵された部分を取り除いたり、溶けた部分を詰めたり、かぶせ物をしたりして治療します。

しかし、脱灰された歯でもある条件が整うと、再生現象が起こります。これを再石灰化といいます。
脱灰には口腔内細菌が関与しており、再石灰化には唾液中が深く関わっています。そのため、菌の数と唾液の質を知る事は、う蝕予防には欠く事ができません。

虫歯の原因は?

虫歯は、不適切なブラッシングにより増殖した口腔内の常在菌の1つであるS.M (Streptococcus mutans)菌L.B菌(Lactobacillus)の産生する酸による歯牙の脱灰(崩壊)の結果です。

虫歯を予防するためには?

虫歯

虫歯予防をする上で、個人の虫歯のリスクをよく把握することが大切です。

虫歯のリスクは、
① S.M菌、L.B菌の数
② 唾液の分泌量
③ 酸性→中性に戻る反応速度

以上の3つによって決定されます。

①S.M.菌/L.B.菌

ミュータンス菌

S.M.菌/L.B.菌の作用は以下の通りです。

・口腔内の糖(ショ糖)を取り込む
・糖(ショ糖)を分解し酸を産生する
・コロニーを形成し歯牙へ吸着する
・コロニーを成熟させBio Film(バイオフィルム)を形成する

口腔内のS.M.菌/L.B.菌が多いと、虫歯のリスクは高くなります。


Bio Film(バイオフィルム):厄介な感染症の原因

口の中の細菌はただ、存在して漂っているだけでは唾液や体液中の抗菌物質によってすぐに貧食されてしまいます。
しかし、自分たちが産生した多糖体に自分たちや他の細菌をとり込んで細菌、多糖体、その副産物の集合体(マトリックス)を形成します。このマトリックスを総称して”細菌バイオフィルム”と呼びます。

バイオフィルム

②唾液の分泌量・質

唾液

唾液の主な作用は以下の通りです。

・希釈/洗浄作用
・抗菌作用
・緩衝作用
・免疫作用
・歯の再石灰化作用

それぞれの作用について説明します。

●希釈 / 洗浄 / 抗菌作用
・口腔内の最近や食物残渣などを希釈し洗い流す作用があり、様々な抗菌物質により細菌の発育を抑制する効果があります。

●緩衝 / 免疫作用
・酸性に偏った環境を中性に戻す働きをします。
・唾液中の免疫グロブリン(IgA,IgGなど)がS.M.菌をはじめとする口腔内細菌に対して様々な防御作用を示します。

●再石灰化 / 保護作用
・脱灰して失われたCaやPを補い、再び再石灰化させます。
・唾液のタンパクによりペリクルを形成し、歯を保護します。

唾液の分泌量が少ないほど、虫歯のリスクは高くなります。

③酸性→中性に戻る反応速度

まずは食事とpHの関係について見ていきましょう。

食事とpH


飲食を行うことによって口腔内の細菌により糖が分解され口腔内が急激に(20分)酸性に傾きます。
臨界Phを超えてもなお、酸性に傾くと歯牙は脱灰(歯を溶かすこと)を始めます。飲食後、唾液の緩衝作用によって酸性に傾いた口腔内は次第に中性に戻ります。


食事とpH


飲食をすると口腔内の細菌によって急激に酸の産生が行われます。
するとPhが5.5~5.7になると成熟したエナメル質が脱灰を始めます。このときのPhを臨界Phと呼びます。この臨界Phはエナメル質の成熟度によって異なります。


食事とpH


飲食回数が多く、間隔が短いほどPhが回復する時間がないため臨界Ph付近に曝露する時間が長いため脱灰の危険性が増えます。
また、食事時間が長いだらだら食べも、同様に脱灰の危険性が増えます。


人によって酸性→中性に戻る反応速度は異なります。反応速度が長い場合、脱灰時間も長くなり、虫歯のリスクは高くなります。

脱灰と再石灰化(Demineralization and remineralization)

脱灰因子と再石灰化因子のバランス

脱灰と再石灰化

脱灰と再石灰化

脱灰と再石灰化のメカニズム

健全

健全

脱灰と再石灰化がバランスよく起こり溶けた部分も元に戻るため、見た目にも全く問題のない状態です。



表層下脱灰病変

表層下脱灰病変

初期虫歯の段階です。細菌や、糖の摂取による脱灰が再石灰化を上回ってしまったために起こります。
歯の表面はミネラルの密度が高いのですが、表層の下は密度が最も低くなっているため、歯が実際にかけることはなく、表層化が白っぽくなります。
この状態が続くと、実質欠損を伴う虫歯へと進行していきます。



う窩形成(う蝕)

う窩形成(う蝕)

表層下脱灰の状態から更に脱灰が進行して歯に穴が開いた状態です。
ここまで進行すると、虫歯部分を削って詰める治療を要します。

ブラッシングのポイント

①う蝕のできやすい所を把握する

唾液腺開口部

・唾液腺の位置とう蝕の関係
青…耳下腺および顎下腺、舌下腺の開口部付近
黄…唾液の届きにくいリスク部位

青および黄色で示した部位は虫歯になりやすいため、丁寧なブラッシングが必要です。

②フッ素の正しい使い方

世界中の専門家の見解~う蝕予防~
・ブラッシング(器械的なものも含め)→ 重要である…39%
・フッ化物配合歯磨剤 → 重要である…96%

フッ化物にはプラーク抑制効果もありますので、家庭でのセルフケア、歯科医院でのプロフェッショナルケア両方でフッ素を取り入れ、正しく使用する事が虫歯予防につながります。

③補助道具の勧め

日本のう蝕予防に欠如していたこと
・唾液由来の感染症であることの知名度が低い(生後19~31ヶ月で決まる)
・フッ化物の利用
・代用糖(キシリトール)の利用

国内では97’よりキシリトールの摂取を習慣化するよう推奨しています。

特定保健食品マーク

特定保健食品マーク

様々な試験データから総合的に評価され、う蝕を起こす可能性がないものにのみ付けられています。

歯に信頼マーク

歯に信頼マーク

この食品摂取30分以内にヒトでの歯垢PHが5.7以下にならないと評価されたものに付けられています。

虫歯治療について

むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。

C1~C4

C1:エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。
痛みがなく、ついつい放っておきがちです。 むし歯の部分だけを正確に治療し合成樹脂(レジン)を充填します。

C2:象牙質に達した虫歯

エナメル質の内側の象牙質にむし歯が達したものです。
象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進みかたが速くなります。
C1と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

C3:歯髄(神経)に達した虫歯

象牙質の内側の歯髄にまでむし歯が達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。
歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。 また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。 症例によっては、特殊な抗生物質を用いて歯髄を保存する処置を行う場合もあります。

C4:歯質が失われた虫歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。
C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。 抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

痛みに対する配慮

麻酔の前に表面麻酔を塗布し、麻酔液をゆっくりと注入します。
細い麻酔針を使用し、患者さんにとって痛みが少なくなるよう細心の注意を払い治療を行っております。

TREATMENT
治療内容

横須賀市の小池歯科医院では、継続した健康増進を進めるため歯科疾患リスクをしっかりと把握する一環として、レントゲン検査、虫歯、歯周病検査、唾液検査、口臭測定、口腔内写真撮影を行なっております。
口腔の健康は全身疾患との関係性があります。お口の現状を知ることは、全身健康への第一歩となります。必ず、受診前に診療の流れをご一読ください。

診療の流れを見る

横須賀の予防に特化した歯科医院

小池歯科医院

〒239-0841 神奈川県横須賀市野比1-20-1
京浜急行久里浜線 YRP野比駅 徒歩3分

046-847-0840

診療時間
8:30〜17:30 × × ×

休診日 
木曜日・日曜日・祝祭日(祭日がある週は木曜診察)