PERIODONTICS
歯周病治療

歯周病とは?

プラークを放置すると、その菌が産生する毒素によって歯周組織(歯肉、歯根膜、骨)が複合的に破壊されます。
さらに放置すると、歯を支えている骨と歯が完全に分離し、浮遊したような状態になり激しい歯の動揺と口臭を伴います。もちろん、お口の菌の数は大量です。

歯周病と全身疾患

歯周病は細菌感染です。これらの細菌が、歯周から血中に侵入し全身疾患に関与すると考えられます。これらのことは、現在多くの論文にて証明されています。具体的な病名としては、動脈硬化や心疾患、糖尿病、肺炎、肥満、早産や低体重児、骨粗しょう症等に関連があるとされています。

日本の成人の約80%が感染している歯周病

歯周病

歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。 歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。
歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯磨きでは除去できないため、周囲のプラークの除去を困難にします。
歯周組織の状態によっては、専門的な治療が必要なるケースがあります。

細菌が引き起こすリスク

細菌

全身への影響

全身への影響

歯周疾患を有する患者さんは、健常者と比べ全身疾患のリスクが高くなります
口腔環境が良い人と比較した発症リスクを紹介します。
・脳卒中:2倍
・糖尿病:2〜4倍
・誤嚥性肺炎:2〜5倍
・早産・低体重児出産:4〜7倍

歯周病は、局所の問題だけではありません。原因である菌塊は、全身をくまなく駆け巡ります。
また、虫歯、歯周疾患で噛み合わせが充分に機能できなくなると、認知症を進行させるとも言われています。
虫歯や歯周病は人間本来の「食べる」生命維持に関わる活動を困難にするばかりでなく、このように全身疾患を憎悪させるリスクを高めるのです。

・循環器障害
脳梗塞や心疾患は、食生活や運動、ストレスなどの積み重ねが引き起こす生活習慣病の一種です。
歯周病によって歯茎から産生された炎症性物質が、血流を介して脳血管や心臓血管に影響すると考えられています。

・誤嚥性肺炎
年齢を重ね、生理機能が低下してくると自らの唾液や食べ物が誤って肺に入り、それが原因で肺炎になる事を誤嚥性肺炎と呼びます。
唾液中に含まれる細菌が主な原因です。歯周病菌は、肺炎の原因となるものが多いので、高齢、認知症、脳血管障害、手術後など、食物の飲み込みをうまく行えない人は、特に注意が必要です

・早産、低体重児出産
妊娠中の女性はつわりや、ホルモンバランスの変調により口腔環境が悪くなりがちで、歯周病になりやすいのです。
歯周病による炎症性物質がへその緒を通じて、胎児に影響を与えると考えられています。

・骨粗鬆症
全体的に骨が弱くなると、歯を支える歯周組織にも影響があると考えられています。
一方で、歯周病は歯を支える歯茎を破壊する病気です。歯槽骨が弱くなると歯周組織の破壊が進みやすくなるため、骨粗鬆症は歯周病を進行させる一因と考えられています。

・糖尿病
血糖値が高い状態が続くと、様々な合併症が起きやすいとされており、歯周病は糖尿病の合併症として捉えられています。
糖尿病の人は、糖尿病でないひとに比べて歯周病になるリスクが高いという報告や、歯周病の治療によって歯茎の炎症が改善すると、インスリンが働きやすい状態になって、血糖値が改善する可能性があるという報告があります。

MTM (Medical Treatment Model)

例えばある病院に結核患者が来院したとします。医師は炎症の起きている部分を切除し、そこに不活性材料を充填しました。
この様なケースは通常の医療ではなく、単なる置換療法に過ぎません。しかし、残念ながらそのような治療を日常的に行って来たのが歯科なのではないでしょうか?

当院では、MTM (Medical Treatment Model)に基づいた予防システムを導入しています。

歯周病治療の流れ

1.歯周ポケット診査、レントゲン撮影、
口腔内写真撮影

プラークを除去

歯周病の原因は1人1人異なりますので、治療していく前に検査を行い、結果をご説明いたします。
その後、1人1人に適した治療を行っていきます。

2.プラークを除去

プラークを除去

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。
歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。 簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。
軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

3.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や
歯垢(プラーク)除去

中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。
このような場合は外科的な治療が必要となります。 麻酔をしてから歯肉の切開をし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去します。

4.メンテナンス

メンテナンス

口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となります。
再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることが重要です。

歯周病の各因子

歯周病のプロセスと治療

歯周病は単一の原因による疾患ではありません。
右の図にあるように、様々なリスクが重なり合い引き起こされ、時間の経過とともに進行していく病気です。

① 病原(微生物)因子

①病原(微生物)因子

口の中に住み着いている細菌です。以下に示すものだけでなく、口の中にはかなりの種類、数の細菌が存在しています。

  • ・Porophyromonas gingivalis
  • ・A.actinomycetemcomitans
  • ・Prevotella intermedia
  • ・Tannerlla forsythia
  • ・Campylobacter rectus
  • ・Spirochete sp

② 環境因子

② 環境因子

歯周病は生活習慣病の一つと言われることもあり、日常の生活にもたくさんの原因があります。

  • ・喫煙
  • ・ストレス・肥満
  • ・食生活・栄養
  • ・薬物
  • ・口腔内衛生状況の不良
  • ・低い関心度
  • ・教育の達成度
  • ・専門医の受診状況
  • ・他の口腔内微生物

③ 宿主因子

③ 宿主因子

  • ・年齢
  • ・人種
  • ・歯数
  • ・糖尿病などの全身疾患
  • ・免疫反応
  • ・炎症反応
  • ・歯肉溝しん出液中の物質
  • ・遺伝

TREATMENT
治療内容

横須賀市の小池歯科医院では、継続した健康増進を進めるため歯科疾患リスクをしっかりと把握する一環として、レントゲン検査、虫歯、歯周病検査、唾液検査、口臭測定、口腔内写真撮影を行なっております。
口腔の健康は全身疾患との関係性があります。お口の現状を知ることは、全身健康への第一歩となります。必ず、受診前に診療の流れをご一読ください。

診療の流れを見る

横須賀の予防に特化した歯科医院

小池歯科医院

〒239-0841 神奈川県横須賀市野比1-20-1
京浜急行久里浜線 YRP野比駅 徒歩3分

046-847-0840

診療時間
8:30〜17:30 × × ×

休診日 
木曜日・日曜日・祝祭日(祭日がある週は木曜診察)