PREVENTION
予防歯科

歯科からあなたに知ってもらいたい事実

歯科からあなたに
知ってもらいたい事実

残存歯

人間の歯の本数は28本あり、食事を美味しく楽しむには、最低20本の歯が必要だといわれています。
左図は平均的な日本人の各年代別の残存歯を示しています (ご自身に残っている歯の数)。
残念な事に60歳をこえる頃には20本を下回ってしまい、入れ歯やブリッジなどの不便な人工歯に頼らなくてはならない状況になっている事を示しています。

病気になってから治療をしたとしても、失ってしまった歯や歯ぐきは元には戻りません。
だからこそ、しっかり予防していくことが大切なのです。

歯の健康管理について

健康管理

歯の健康管理について、日本はとても遅れています。
上の図は世界各国のお口のメンテナンス(定期健診・クリーニング)に関する取り組みと80歳の時点で残っている自分の歯の本数を比較したものです。
海外に目を向けると私たちの国は、歯の健康にあまりにも無頓着となってしまった結果、大事な自分の歯を失うという代償を払っている事がわかります。
この瞬間から自分の歯の健康を我々と一緒に考えていく事ができます。

バクテリアが原因のリスク

虫歯や歯周病は、死に至らない病気として思われていませんか?
確かに、虫歯や歯周病が直接的な原因で死に至ることは、まずありえません。
では、バクテリアが引き起こす歯科疾患が及ぼす影響を考えてみましょう。

歯の病気は人からうつる細菌の感染症

バクテリア

歯の表面に付着している白色のねっとりした汚れ、これは歯垢(プラーク)と呼ばれるものですが、単なる食べかすではなく、実は細菌の巣なのです。
バイオフィルムと呼ばれる膜の下には、虫歯の原因菌の1つ、ミュータンス菌や、歯周病菌の1つ、スペロヘーターが多く住んでいます。
これらの菌は、キスやお箸、口移しでの食事などで容易に感染する事が知られています。
ともに生活している人がこれらの菌塊を多く保有していると、あなたの大事な人に感染させるリスクが高くなるのです。

口腔内細菌が直接または間接的に
関与するとされる疾患

肺炎・骨阻喪症・糖尿病・虚血性心疾患・腎炎・心内膜炎・リウマチ関節・妊娠トラブルなど

歯科医療に対する考え方

歯を失う原因の95%は、う蝕(虫歯)と歯周疾患であり、う蝕も歯周疾患も予防ができるということを知る必要があります。
そして切削、修復と言った外科治療より、むしろ、健全歯を健全に保つという内科的治療にこそ、対価を払う価値があることを学ぶ必要があるのではないでしょうか。

修復:補綴保健の限界について

歯科医療の目的は、「早期発見して」「破壊部分を外科的に修復し」「欠損部分を補綴(入れ歯など)的に補う」というものから、できるだけ欠損の時期を遅らせようにマネジメントして行く方向へ向かいつつあります。
歯科医療においてMTM(Medical Treatment model)という医療観点が必要でないかと思われるようになって来ました。

予防歯科について

PMTC

歯科衛生士

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、訳すと「専門家による機械を使った歯の清掃」という意味になります。 様々な専用機器を使用して、虫歯や歯周病の最大の原因である「バイオフィルム(歯の表面についた細菌のかたまり)」や歯垢・歯石を除去していきます。あくまで歯のクリーニングなので、ドリルなどで歯を削ることはありません。
普段の歯磨きでは除去できない汚れが取れますので、爽快感を味わうことができます。バイオフィルムは約3ヶ月で再生されると言われていますので、定期的なPMTCをお勧めしています。

フッ素塗布

歯科衛生士

むし歯予防にフッ素を使用する事は、最も有効、安全確実な方法として、推奨しています!
医院で歯に高濃度のフッ素を塗布します。フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、むし歯になりにくい歯を育てていきます。 十分な効果を得るためには、年に3~4回のフッ素塗布を行うことが理想です。

フッ素の4つの効果

【1】歯質強化
歯のエナメル質を硬くすることで、虫歯の原因菌が作り出す酸に強い歯を作っていきます。

【2】エナメル質成熟促進
子どものはえたての歯はまだ未熟ですが、フッ素が取り込まれることによって早期にエナメル質が成熟し、虫歯になりにくい強い歯になります。

【3】初期むし歯の再石灰化
再石灰化作用を助ける 酸で溶けてしまった虫歯になりかけた部分をもとに戻す、唾液の再石灰化作用を助けます。

【4】歯垢中の細菌の活動を弱らせる
虫歯の原因菌の活動を抑えて、歯を溶かす酸が作り出される量を抑制することができます。

キシリトール

キシリトール

白樺や樫などの樹木を使ってできたムシ歯の原因になる酸を作らない天然素材の甘味料です。
糖アルコールの中では最も甘く砂糖と同じといわれます。

キシリトールを摂取する際のポイント

・キシリトールが50%以上配合されている製品を選びましょう。
・1日3回、1〜2粒毎食後に食べましょう。(ガムは味がなくなっても20分は噛むこと)

キシリトールの効果について

100%のキシリトールガムを1日3回食べたとして虫歯菌が減るのは1~2週間後です。3ヶ月ほど続けることでムシ歯になりにくい状態になります。
キシリトールガムとフッ素入りの歯磨き粉を一緒に使うことでムシ歯予防効果はさらにアップします。

キシリトールの安全性について

キシリトールは厚生省の食品添加物として許可されており、FAO(国連食料農業機関)WHO(世界保健機関)からも『一日の許容摂取量を特定しない』という安全性の高いカテゴリーに分類されています。
代謝はインシュリンに依存しないため糖尿病の人が摂取しても問題ないと言われています。

歯科衛生士の役割

歯科衛生士

歯科衛生士には、う蝕、歯周病の発症の前兆を、最初に目のあたりにする重要な役割を担っています。その前兆を敏感に感じ取り、目の前にしている疾患の原因を多角的に探り、除去するのと同時に、可逆的なのか不可逆的なのか、進行期なのか、休止期なのかを見極め、適切な時期に歯科医師に診断を求める能力が必要になります。
患者は、疾患の早期発見のためにメンテナンスに来院しているのではなく、疾患の予防のために来院していることを肝に銘じる必要があります。

ブラッシングの限界:鎧をまとった細菌

成熟したマイクロコロニーであるバイオフィルムは、ホームケアによる歯磨きでは簡単に除去することはできません。
また、外部からの抗菌剤やうがい薬といった薬品はその鎧によってはじかれてしまうのです。
そのため定期的に歯科医院を訪れ、PMTCを行うことが重要です。

世界・日本における予防の潮流

・対症療法の終焉 〜補綴処置から予防処置への転換
・口腔常在菌の全身への影響
・EBM(Evidence Based Medicine)に基づいた治療

WHO歯科保健戦略

WHO歯科保健戦略

WHOは口腔保健に関する初めての国際目標として、以下を表明しました。

①5~6歳児のむし歯なしの者の割合を50%とする。
②12歳児の1人平均むし歯数(DMFT)を世界の平均で3以下にする。
③18歳の85%の者が全永久歯をこの時点で保有している。
④35歳~44歳の年齢群で、無歯顎者を現在のレベルより50%減らす。
⑤65歳での無歯顎者の割合を現在のレベルより25%減らす。
⑥歯科保健向上を監視するための資料と蓄積と解析システムを確立する。

※FDI: Goals for oral health in the year 2000;FDI News letter 122,5-8,1982

8020運動と健康日本21

WHO歯科保健戦略

WHOの戦略を受け、日本で設定された目標・運動が8020運動と健康日本21です。

・80歳における20歯以上の自分の歯を有するものを20%以上、60歳で24歯以上の歯を有するものを50%とする。
・3歳児におけるう蝕のない者の割合を80%以上とする。
・12歳児におけるDMFTを1.0以下とする。
・40,50歳における進行した歯周炎に罹患しているもの(4mm以上の歯周ポケットを有するもの)の割合を30%以上減少する。

※健康‧体力づくり事業財団編:健康日本21(21世紀における国民健康づくりについて)~健康日本21企画検討会:健康日本21計画策定検討会報告書;厚健出版,東京,2000

DMF・DMFTとは?

DMFとは、永久歯のう蝕経験を示す指標として用いられ、それぞれ
D(decayed teeth)未処置う蝕歯
M(missing teeth)う蝕による喪失歯
F (filling teeth)う蝕処置歯
を意味しています。

また、DMFTとは、集団の1人平均のDMF歯率をいいます。

予防処置を行った場合ににおける経済効果

以下の図は、定期的に歯科検診を受けた場合のコストベネフィットについて、日本とアメリカを比較したものです。
日本はアメリカと比較して歯科受診率が低く、結果的に歯を失う人が多くなっていることがわかります。

日米比較

コストベネフィット

TREATMENT
治療内容

横須賀市の小池歯科医院では、継続した健康増進を進めるため歯科疾患リスクをしっかりと把握する一環として、レントゲン検査、虫歯、歯周病検査、唾液検査、口臭測定、口腔内写真撮影を行なっております。
口腔の健康は全身疾患との関係性があります。お口の現状を知ることは、全身健康への第一歩となります。必ず、受診前に診療の流れをご一読ください。

診療の流れを見る

横須賀の予防に特化した歯科医院

小池歯科医院

〒239-0841 神奈川県横須賀市野比1-20-1
京浜急行久里浜線 YRP野比駅 徒歩3分

046-847-0840

診療時間
8:30〜17:30 × × ×

休診日 
木曜日・日曜日・祝祭日(祭日がある週は木曜診察)