インプラント

自分の歯のように力強く

虫歯や歯周病、ケガなどで歯を失った場合、口腔内のバランスを健全に維持するためにも早期に何らかの方法で補うことをおすすめします。歯を補う方法としては、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3種類があります。インプラントは天然歯とほとんど変わらない噛み心地がある上に、硬いものでも噛めますし、他の歯に負担をかけないメリットがあります。また、インプラントは総入れ歯を固定する方法としても有効です。

インプラントとは

インプラントはあごの骨に穴をあけてチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療方法です。入れ歯やブリッジと違ってあごの骨で直接支えるので、噛む力がしっかり伝わって、ずれたり外れたりすることもありません。

こんな方におすすめです

  • 自分の歯のように噛みたい方
  • 入れ歯が合わなくて困っている方
  • 周囲の歯の健康を守りたい方
  • 病気や事故で歯を失ってしまった方
  • 周囲の歯を削りたくない方
  • 白くて美しい歯がほしい方

※状況によってはインプラント治療を行えない場合もあります。ご希望の方はまずはご相談ください。

安心していただける治療のために

インプラントは他の治療方法と異なり外科的手術を伴います。
手術について患者さんに不安を抱かせることが無いように、
当院では事前のシミュレーション、患者さんへのていねいな説明、衛生環境の整備などを徹底して行います。

カウンセリングと診査診断

インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込む工程があるので、骨の幅や厚みが十分か、神経にぶつかることが無いかといった点を、CTを使って3次元的に把握します。CTはレントゲン写真では得られない立体的な情報を得ることが可能で、埋入のシミュレーションをコンピューター上で行うことにも役立ちます。3次元のデータは治療の精度を上げる上に、患者さんに治療内容を理解していただく際にも非常にわかりやすいメリットがあります。

インプラントのメリットデメリット

インプラントに限らず、すべての治療にはメリットとデメリットがあります。当院では良い点ばかり話すのではなく、デメリットもしっかり説明して、患者さんに総合的な判断をしていただけるように努めています。不安や疑問があれば、遠慮なくお尋ねください。

メリット

  • 健康な歯を削る必要がない(残っている歯を守る)
  • 入れ歯よりも咀嚼能力に優れている
  • 骨が痩せるのを防げる
  • 見た目の良い歯(人工歯)を装着できる

デメリット

  • 保険がきかない(自費診療)
  • 外科手術が必要になる
  • 治療期間がブリッジ等に比べ長い
  • 術後はメインテナンスが必要になる
  • 術後痛みが生じる場合がある
  • 腫れが出る可能性がある

インプラント治療の流れ

  1. Step01

    事前検査

    インプラントは手術を伴う治療です。そのため、事前にCTによる3次元データの取得などを含めたていねいな検査を行い、綿密な計画を立ててリスクの排除に努めます。

  2. Step02

    治療開始

    患部に麻酔を行った後に、事前のシミュレーションに沿ってインプラントの埋入を行います。その後、骨と人工歯根が結合するまで2~6ヶ月程度待つ期間が必要となります。

  3. Step03

    人工歯の装着

    人工歯根と骨の結合が十分であることが確認出来たら、アバットメントと呼ばれる中間的な部品を取り付ける工程に入ります。

  4. Step04

    人工の歯(上部構造)を装着

    アバットメントの上にセラミックなどで作った人工歯根を装着して噛み合わせの調整を行えば、インプラントの治療は完了です。

  5. Step05

    メインテナンス(健診)

    インプラントはしっかりメインテナンスを行わないと歯周病に似た症状にかかります。そのため、定期的に来院していただいてメインテナンスを行います。

料金表

  • インプラント一式¥300,000
  • 2本目以降+¥20,000/1本
  • 骨造成¥100,000~250,000(欠損による)